クルクミンの特徴

サイトマップ

クルクミンの特徴は、熱に対しては、安定していますが、紫外線に対して弱いので、保存には注意が必要です。

クルクミンは、ウコンの黄色成分で、天然の食用色素として大活躍しています。

ウコンは、インドなどの亜熱帯地方や熱帯地方が原産地となっています。

ウコンには、世界中に50種類ほどあります。

日本で見かけるのは、春ウコン、秋ウコン、ガジュツになります。

見た目は、しょうがのようにごつごつした印象があります。

クルクミンの特徴は、熱に対しては、安定していますが、紫外線に対して弱いので、保存には注意が必要です。

昔から、中国やインドでは、黄疸の治療に使用されていたそうです。

日本では、肝機能改善、二日酔い予防、生活習慣病に使用されています。

飲み会の前に、ウコンが入っているドリンクやサプリメントを服用する人が多い理由は納得ですよね。

便利な食物ですが、体の状態によっては、摂取を勧められない人もいます。

黄疸、ヘルペス、妊娠中、自己免疫疾患、ウイルス性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、胆嚢炎、消化性潰瘍、胆石、尿路結石がある場合は、ウコンを摂取することで、病気がひどくなるそうです。

これらの病気の人は、アルコールの控えるように医師から言われていると思いますので、間違ってウコンを摂取することは少ないでしょう。

有用成分「クルクミン」と乳酸菌のWパワー!の健康家族の<美・ウコン>がオススメ!【日本全国1袋から送料無料

⇒ クルクミン豊富な美・ウコンの公式サイトはこちらをクリック!


「クルクミンの特徴」について

クルクミンの効果・効能は、抗酸化作用、生活習慣病の予防や改善などです。

NetCommons